「和」をもって「和」と為す

麻雀で「和」というと、あがりという意味です。
麻雀の本などでも「あがり」を「和がり」と当て字にしてるのはそのためです。

 

ほとんどの皆さんは麻雀の「和」に対しては一生懸命ですが、世間一般でいう意味の「和」は残念ながら関心が薄いように思われます。

 

特に麻雀は4人で遊ぶゲームです。

1人でも2人でも3人でも、楽しく遊べません。

また自分だけあがれば良いでは、当たり前ですが嫌われてしまいます。

 

そう、麻雀をやっていて一番嫌われるのが遅くて強い人です。

散々待たされた上に点数まで要求されるんです。

頭に来ますよね。

 

麻雀はその点で、他のゲームより「和」がとても重んじられます。

 

あがれば良いって問題ではないのです。

 

では逆にあまり上手ではないけど、皆様のご迷惑にならないように頑張りますと公言して頑張ってる人ってどう思います?

私も温かく応援したいと思います。

 

「和」はどこから来るのかというと、やはり日々の感謝の気持ちではないでしょうか。

 

まずはメンバーがそろってゲームができることに感謝。

麻雀牌に感謝。

点棒に感謝。

麻雀卓に感謝。

椅子に感謝。

自分が遊べる環境を作ってくれた家族に感謝。

 

一つ、一つ、全てに感謝できると、不思議と麻雀の内容も安定してきます。

 

麻雀の強さは人生においてまったく意味を持ちません。

しかし麻雀を通じて得た「和」の心は、きっとあなたを豊かな人生に導いてくれるはずです。

 

「和」を持って「和」と為す。

感謝にはゴールはありません。

お互いに「和」を尊重して、心豊かな人生にしましょう!

 

麻雀を通じて、より心豊かな人生に!

銀座ファミリー麻雀教室  林正弘

 

お知らせ

お知らせ ≫ サイトが新しくなりました。直リンクでブログをブックマークしている方はアドレスがことなりますのでご了承おねがいいたします。