どうして良いのかいつもお悩みでは? 麻雀が強い人の一段上の考え方!

いつもどうして良いのかお悩みではありませんか?

 

その気持ち解ります!

麻雀をしてると悩ましい手が多いですよね。

そんな時って麻雀が強い人はどうしてると思いますか?

 

そもそも麻雀が強い人ってあまり悩まないですよね。

強い人には悩ましい手が来ないから?

そんなことは絶対にありません。

では、麻雀が強い人はなぜ悩まないのか?

 

 

例えば、配牌でドラが3つ来ました。

おおー!

あがりたいですよね!

もちろん麻雀が強い人でも、私でもあがりたいと思います。

 

しかし、麻雀でよく勝つ人は考えがちょっと違います!

もちろん目先のドラが3つの手をあがりたい気持ちはあります。

しかしそれ以上に大事なことがあるのをご存知でしょうか?

それこそが、麻雀が強い人とそうでない方の決定的な違いなのです!

さて、ドラが3つの手よりも大事なことは何でしょう?

お分かりになりましたか?

 

 

それは、『最終目的』です!

麻雀の最終的な目的は何ですか?

 

ドラを3つであがることですか?

いえいえ、

そのゲームで勝つことではありませんか?

 

麻雀の勝ちとは、ゲーム終了時に相手よりもより多くの点棒を集めることです!

ドラが3つの手はそのための手段の1つなのです。

あがりたい気持ちは解ります。

でも、それをあがることが目的ではありません。

最終目的のためなら、ドラが3つの手でも諦めるのも1つの選択肢です。

 

つまり、ゲームが終わった時に勝利を収めるために今どうするか?

麻雀が強い人はこのことを徹底して考えてます。

そのためには目先の利益などは捨てる時もあります。

また逆に、勝利のためにあえて不利な戦いを挑むこともあります。

全ては最後の最後に勝つための行動なのです!

 

 

では冒頭の写真に戻ります。

こんな時はどうするか?

それはその時の持ち点や、ゲームの進行状況に応じて選択します。

例えば、どうしても点数が欲しい局面では字牌を捨ててタンヤオでリーチすることもあります。

また、どしてもここは速くあがりたい局面なら東をポンすることもあります。

まずは、勝つためには今何が必要か?

そのために今の手でできることは何か?

それをただひたすら実行するだけです!

 

今回は難しかったかな?!

でもね、これが麻雀の強い人の考え方なのです。

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?