麻雀を楽しめる人は人生も楽しめる!楽しい麻雀のススメ(笑)

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

職業を聞かれて答えると、決まって聞かれるのが、

 

「麻雀のプロなんですか?」

 

え~と、麻雀で飯を喰ってるという面ではプロです!

 

しかし、プロの団体には所属してません。

 

というのは、麻雀業界ではプロ団体が多すぎます。

 

ざっと調べたところ、

 

日本プロ麻雀協会
日本プロ麻雀連盟
最高位戦日本プロ麻雀協会
麻将連合(μ:ミュー)
101競技連盟
RMU(リアルマージャンユニット)
日本健康麻将協会

 

それぞれの団体がそれぞれの基準でプロ認定してます。

 

私はどの団体にも所属してません。

 

プロの認定を受けてませんし、

 

うけたいとも思いません。

 

これと言って麻雀のプロの肩書に全く興味がありません。

 

 

単刀直入に言います。

 

僕にとっては麻雀は人生の修行の場なんです。

 

簡単に言うと、『人生道場』。

 

色々な人が色々な考えで麻雀をする。

 

性格が合う・合わないもあれば

 

スピードが合う合わないがある。

 

私には考えも付かないような意味不明な麻雀も

 

本人にとってはきちんとした意味がある。

 

リーチや鳴きの判断基準もバラバラだし、

 

理不尽極まりないことも平気で起きる。

 

 

正しく麻雀は人生の『縮図』なんです。

 

その中で常に自分に甘えることなく実力を発揮し続ける。

 

これこそが、人生道場ではないでしょうか。

 

 

で、実際はこんな小難しい話は考えません!(笑)

 

どんなことでも全て受け入れちゃいます!

 

そうすると麻雀がホント楽しくなるのよ!

 

そして麻雀の楽しさに比例して、人生も楽しくなるんです!

 

不思議なんだけど、本当にそうなの。

 

 

冷静に考えてみれば、人生の縮図の麻雀で学んだ全ては、人生に活かせるからね~!

 

どんな時でも楽しい麻雀 = どんな時でも楽しい人生

 

なんだね!

 

という訳で、うちの麻雀は勝っても負けても楽しい麻雀を掲げています。

 

 

 

人生も、マージャンも楽しみたい方は是非一度訪れてくださいね。

 

私とお電話でお話をしてみたい方も電話待ってます~!!

 

※画像は特に意味無いです

 

※大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード https://yutakanajinsei.com/event_etc/pdf-dl/4071/

 

麻雀を通じてより豊かな人生に! 

銀座ファミリー麻雀教室 責任者 兼 専任講師 林 正弘

 

銀座ファミリー麻雀教室は家族経営の麻雀教室専門店で、いわゆる雀荘ではありません。

教室内でお教えてる内容はブログで公開してますので、気になる事がありましたらクリックしてください。

☆ マージャンって楽しいの? → 麻雀について熱く語ります!

☆ 初心者なんだけど、どんな風に教えるの → 初めての麻雀 麻雀ってどんなゲーム?

☆ 並べた事はあるけど、上手になりたい → 切り方の基本 1 組み合わせとアタマ

☆ 出来るけど、複雑な待ちが苦手 → 多面待ち講座 (その1)

☆ なかなか勝てないけど、どうすれば良い? → 攻めと守り 1 【守りの重要性】

☆ 点数計算を覚えたい → 簡単点数計算

☆ 符計算がどうしても苦手 → 符計算ミニレッスン

☆ お客様からよく寄せられるご質問をまとめました → よくある質問【Q&A】集

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

初心者講習 毎週火曜日と日曜日の午後1時から4時まで3時間

上手になりたい方は 毎週火曜日と日曜日の午前中に勉強会(午後はゲーム)

点数計算を覚えたい方は 毎週金曜日の午前中に点数計算勉強会を開催

※いずれも予約無しで、費用は1日分の利用料金のみで、勉強会による追加料金は一切かかりません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

銀座ファミリー麻雀教室
住所〒104-0061東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
【アクセス】
都営浅草線「東銀座駅」 日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分) JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分) 銀座線「銀座駅」(徒歩6分)
【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)
当店facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

【通常営業中!】2021年1月7日緊急事態宣言による対応と新たな感染予防対策について