【永久保存版】符計算不要! 2つの役だけでパッと出来る点数計算の裏技!

役は何とか数えられるけど、点数がパッと出せなくてお困りではありませんか? 

 

符計算の仕組みややり方は分かっていても、パッと点数を出せずに困ってる方は多いです。

なのでそのお気持ち、よくわかります!

でも、ちょっと思い出してみてください。

点数計算ができる方は瞬間的に足し算をしていそうですか?

全員が全員、そろばんの達人級の暗算でしょうか?

そんなことはありませんよね。

 

今日も結論から言います!

役を数えたら、その役の中に「ツモ」と「ピンフ」の2つの役が入ってるかだけで点数は決まります!

理屈は後回しにして早速「ツモ」「ピンフ」の表をご覧ください。

この表を使えばとても簡単に点数計算が出来てしまうのです!

早速計算をしてい見ましょう!

 

 

【例題1】リーチ・ツモ・ピンフ

数えた役の中に「ツモ」と「ピンフ」の両方入っています。

なので表の一番上の段を見ます。

そして役の数は3つですね。

3つ進みます。

くれぐれも他の役に惑わされずに、「ツモ」と「ピンフ」だけを探してください。

すると、答えは26、つまり2600点です!

(今回は子の計算だけです)

 

 

【例題2】リーチ・ツモ・タンヤオ

数えた役の中に「ツモ」と「ピンフ」の「ツモ」の1つが入っています。

なので表の真ん中の段を見ます。

そして役の数は3つですね。

3つ進みます。

すると、点数は39、つまり、3900点です!

 

しかし、今回の場合はツモあがりです。

3,900点を3人で分けて支払います。

その支払い方法は、とても簡単です。

先ほどの点数の1つ手前の点数が親の支払い。
さらにもう1つ手前の点数が子の支払いとなります。

これはどこの段でも同じです。

なので【例題1】に戻って親と子の支払いはどうなるでしょうか?

 

答えは、親が1つ戻った1,300点、子がさらにもう1つ戻った700点となります。

 

 

【例題3】リーチ・一発・タンヤオ

数えた役の中に「ツモ」と「ピンフ」の両方入っていません。

なので表の一番下の段を見ます。

そして役の数は3つですね。

3つ進みます。

すると、点数は52、つまり、5200点です!

今回の場合は「ツモ」が入らない、つまりロンあがりなのでロンされた人が5,200点を支払います。

 

 

【例題4】リーチ・ピンフ

数えた役の中に「ツモ」と「ピンフ」のうち「ピンフ」が入ってます。

なので表の真ん中の段を見ます。

そして役の数は2つですね。

2つ進みます。

すると、点数は2、つまり、2000点です!

今回の場合は「ツモ」が入らない、つまりロンあがりなのでロンされた人が2,000点を支払います。

 

 

いかがですか?

とても簡単だと思いませんか?

特に役は数えられるけど、符が分からない方には最適です!

今回はメンゼンで、カン(4枚組)が無い計算です。

でもこのパターンは多いのでこれせ覚えれば全体の半数近くの点数ができます!

 

 

なぜ上記のような計算で良いのか?

 

実は私も単純な計算が苦手です。

足し算引き算もどうしても計算機を頼ってしまいます。

そんな私が実際に行ってる符計算が昨日にお話しした、計算しない符計算です。

結果だけ書くとこのようになります。 

ピンフ・ツモ → 20符計算
ピンフ・ロン → 30符計算

ピンフ以外でツモ → 30符計算
ピンフ以外でロン → 40符計算

※メンゼンで、カンや1,9,字牌のアンコが無い場合

 

で、ここからが先ほどの計算法の理由です。

麻雀の点数計算がパッとできる上級者って役を数えたらすぐに点数を出しませんか?

実は私もそうですが、無意識でやってることがあるのです。

先日のピンフもそうですが、もっと簡単に点数計算をしていたのです。

というのは、

「先生!子でリーチ・ピンフ・タンヤオで何点?」

と、生徒さんに質問されて、麻雀牌を見ずに点数を答えている自分に気づきました。

なので、自分が無意識で何を基準で判断してるのか?

掘り下げて、今回の話になります。

 

 

さて。

メンゼンの場合だけ考えます。

もしも数えた役の中に「ツモ」が入っていればツモあがりですよね。

では、次の場合はどうでしょう?

このあがりはツモあがりでしょうか?

 

これだけではツモあがりかわかりませんよね。

でもちょっと冷静に考えてみてください。
数えた役の中に「ツモ」があればツモあがり。

麻雀はツモあがりか、ロンあがりしかありません。

数えた役の中にツモが入ってなければ消去法で考えると

ツモでない → ロンあがりだったのです!

お分かりになりますか?

分からなくても結果を見てそのまま利用すれば大丈夫です!

そしてピンフの方も同様です。

これらを利用すればメンゼンの計算は役さえ数えられれば、簡単に行えます。

これらをまとめて、さらに符を抜いて直接点数に結び付けるとこうなります。

麻雀の本やよその麻雀教室ではもっと難しく教えていませんか?

このように麻雀の点数計算はコツさえ覚えればとても簡単です!

子の点数計算を覚えた後は、いよいよ親の計算にチャレンジです!

ぜひ頑張ってくださいね♪

 

 

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?