秘密の木曜日 ~銀座ファミリー麻雀教室~

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

秘密の木曜日

 

あまり教えたくないのですが、木曜日ってとても穏やかに営業してます。

実は、木曜日は1週間の中で一番お客さんの数が少ない貴重な曜日です。

なのでお客様もスタッフも、仲良く麻雀を楽しんでおります。

 

そうです!どの曜日よりも、とても和気あいあいなんです\(^o^)/

20年近く、麻雀教室をやってますが、初期の頃の雰囲気があって、

僕は木曜日の雰囲気が大好きです!!!

 

さらに木曜日は太郎がお休みのために、私、マサヒロもゲームに入る機会が多いです。

っていうか、結構入ってます。

私自身もお客様とゲームが出来る貴重な曜日なのです。

 

 

 

あ、でも、良いことばかりではありませんよ。

お客さんが少ないので、メンバーを選ぶのに限度があります。

つまり、メンバーについての好き嫌いを言うにはちょっと難しい状態です。

なので、メンバーの好き嫌いの多い好調性の無い方はご遠慮ください!

っていうか、木曜日のメンバーはだいたい決まってるので、

みんな顔見知りで和気あいあいとやってます。

協調性の無い方は、とても目立ちます!

雰囲気に合わないので、居ずらいと思います。

 

なので好き嫌いの激しい方やわがままな方は来ないでください。

私の大好きな和気あいあいとした木曜日の雰囲気を壊されたくありません。

そして誠に申し訳ありませんが、私も定期的に木曜日に来てる方を優先させます。

 

 

でも、以上のことを踏まえて、仲間に入れそうな方は是非どうぞ!

楽しく和気あいあいと麻雀を楽しみましょう!

我々の仲間に入りましょう。

 

最初はドキドキすると思いますが、私もメンバー皆さんに紹介しますし

その他いろいろ応援致します!

また、かなり高い確率で、私と対戦できます!

私をゲームしましょう!

(メンバーの関係で必ずできるわけではありません。)

(私との対戦を期待して来られても、期待にお応えできない場合もあります。)

 

 

ゆったり麻雀を楽しみたい方、

ちょっと上手な方と麻雀をしてみたい方、

マージャン友達を作りたい方、

ぜひ木曜日にお越しください!

 

ただし協調性の無い方はお断りです。

協調性無いと自覚されてない方もお断りです\(^o^)/

 

 

 

 

※大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード https://yutakanajinsei.com/event_etc/pdf-dl/4071/

 

麻雀を通じてより豊かな人生に! 

銀座ファミリー麻雀教室 責任者 兼 専任講師 林 正弘

 

銀座ファミリー麻雀教室は家族経営の麻雀教室専門店で、いわゆる雀荘ではありません。

教室内でお教えてる内容はブログで公開してますので、気になる事がありましたらクリックしてください。

☆ マージャンって楽しいの? → 麻雀について熱く語ります!

☆ 初心者なんだけど、どんな風に教えるの → 初めての麻雀 麻雀ってどんなゲーム?

☆ 並べた事はあるけど、上手になりたい → 切り方の基本 1 組み合わせとアタマ

☆ 出来るけど、複雑な待ちが苦手 → 多面待ち講座 (その1)

☆ なかなか勝てないけど、どうすれば良い? → 攻めと守り 1 【守りの重要性】

☆ 点数計算を覚えたい → 簡単点数計算

☆ 符計算がどうしても苦手 → 符計算ミニレッスン

☆ お客様からよく寄せられるご質問をまとめました → よくある質問【Q&A】集

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

初心者講習 毎週火曜日と日曜日の午後1時から4時まで3時間

上手になりたい方は 毎週火曜日と日曜日の午前中に勉強会(午後はゲーム)

点数計算を覚えたい方は 毎週金曜日の午前中に点数計算勉強会を開催

※いずれも予約無しで、費用は1日分の利用料金のみで、勉強会による追加料金は一切かかりません。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

銀座ファミリー麻雀教室
住所〒104-0061東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
【アクセス】
都営浅草線「東銀座駅」 日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分) JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分) 銀座線「銀座駅」(徒歩6分)
【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)
当店facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

【通常営業中!】2021年1月7日緊急事態宣言による対応と新たな感染予防対策について