できない人ほど敏感?!麻雀の点数計算が出来るようになったら絶対に気を付けたいコト!

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

麻雀の点数計算がある程度出来るようになると、

麻雀がだんぜん面白くなりますよね!

 

 

だって、自分のあがりが何点か想像できるし、

相手がポンやチーした時点で、

最悪何点の覚悟とか

判断基準がしっかりするからです。

 

 

でも、実は、

点数計算が出来だした頃に

絶対に気を付けてほしいことがあるのです!

 

 

 

先日、ある生徒さんが

 

「先生、あの人タンヤオじゃないのに、

 タンヤオって数えて点数をごまかすの~!」

 

と言ってきました。

 

 

その疑いをかけられた方は、

金曜日の点数計算の勉強会にも

参加されて熱心に計算の勉強をした方です。

 

麻雀に対しても真面目に取り組んでおり

決してごまかすような人には見えませんでした。

 

私は半信半疑で、その方の様子をうかがい、 

近くでしばらく聞き耳をたてていました。

 

何度か計算をしてましたがごまかしてる気配はありません。

 

するとしばらくして疑いをかけられた方が点数計算をしています。

 

「メンタンピン・・・、

 あ、違う、違う。

 メン・タン、ドラで3900点です。」

 

その手を見て、

すべての謎が解けました!

 

 

実は、あがった手はピンフの手です。

しかし、点数計算を覚えたてなので

タンヤオの「タン」と

ピンフの「ピン」を

言い間違えしていたのです。

 

先ほどのあがりは

メンタン・ドラ (→ リーチ・タンヤオ・ドラ )ではなく、

メンピン・ドラ (→ リーチ・ピンフ・ドラ )だったのです。

 

とはいえ、単に本人は言い間違えなので、

点数はピンフの方で計算して

計算結果も間違いありませんでした。

 

 

と、このように、

点数計算がしっかりできる方なら

「あー、ピンフとタンヤオを言い間違えしてるなー。

 でも、計算結果はあってるから、まあいっかー。」

で終わりになるのです。

 

しかし、点数計算が出来ない方は

全体が解りません。

 

なのでタンヤオでもない手で

タンヤオを数えてごまかされてると思ってしまうのです。

 

大変残念な事なのですが、

でもこれが現実です。

 

 

と、このように点数計算が出来ない人ほど

ちょっとした言い間違えに厳しいのです。 

 

なので点数計算が少しできるようになったら、

言い間違えをしていないか十分に気を付けてくださいね!

 

実は私も普段から言い間違えは特に気を付けています。

また、金曜日の点数計算の勉強会でも

皆さんの耳にタコができるほど言ってます。

 

でも実践になると

コロッと忘れちゃうのが人間です。

 

私は大丈夫と思わず

常日頃から気を付けたいですね。

 

 

※大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード https://yutakanajinsei.com/event_etc/pdf-dl/4071/  

 

麻雀を通じてより豊かな人生に! 

銀座ファミリー麻雀教室

主任プロ講師 林 正弘

 

【プロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!

賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。

なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が

ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

※ 詳しくはこちらをどうぞ↓

yutakanajinsei.com/intro/staff/8708/

 

でも、高校時代に友達と

ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、

賭けない楽しい麻雀の普及のために

今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

 

設立してて21年、想いを優先して、

プロの雀士にはならず講師を天命として、

4ケタにのぼる生徒さんへの指導、

賭けない麻雀の普及に尽力し

ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

 

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる

簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。

この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、

今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。

※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから 

 

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪

 03-3542-7650

私、マサヒロの生の声から、人柄や性格を判断してください! 

※家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。
 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

 

   

 

 ☆ ブログの各テーマのご紹介 (スマホでご覧になってる方)

   https://yutakanajinsei.com/intro/system/5998/ 

 

 ☆ 他の麻雀教室とどう違うの?

   → 銀座ファミリー麻雀教室の3つの特徴

   https://yutakanajinsei.com/intro/4965/

 ☆ 林正弘(マサヒロ、長男)ってどんな人?

   → 賭け事大嫌いマサヒロ  マサヒロのワイン経歴  毒舌マサヒロ

  ☆ マージャンって楽しいの?

   → 麻雀について熱く語ります!

   https://yutakanajinsei.com/intro/fun/873/

 ☆ 初心者なんだけど、どんな風に教えるの?

   → 初めての麻雀 麻雀ってどんなゲーム?

   https://yutakanajinsei.com/school/nyumonn/2521/

 ☆ 初心者勉強会ってどんな形式でどんな雰囲気?

   → 実際の勉強会の様子

   https://yutakanajinsei.com/intro/system/8783/

   → 初心者勉強会に初参加した時の流れや雰囲気

   https://yutakanajinsei.com/intro/5302/ 

 ☆ 多少お金がかかっても、早く上達したい

   → 結果に効く!個人レッスンのご案内

   https://yutakanajinsei.com/intro/private-lesson/5510/

 ☆ 並べた事はあるけど、上手になりたい

   → 切り方の基本 1 組み合わせとアタマ

   https://yutakanajinsei.com/school/basic/615/

 ☆ 出来るけど、複雑な待ちが苦手

   → 多面待ち講座 (その1)

   https://yutakanajinsei.com/school/waiting/322/

 ☆ なかなか勝てないけど、どうすれば良い?

   → 攻めと守り 1 【守りの重要性】

   https://yutakanajinsei.com/school/defense/2582/

 ☆ 点数計算を覚えたい

   → 簡単点数計算

   https://yutakanajinsei.com/school/calculation/307/

 ☆ 符計算がどうしても苦手

   → 符計算ミニレッスン

   https://yutakanajinsei.com/school/minitensuu/

 ☆ 入会するかどうか迷ってるけど、お試しみたいなのはあるの?

   → 非会員のビジター利用も出来ます。料金は1日2,500円となります。

   https://yutakanajinsei.com/intro/5445/

 ☆ お客様からよく寄せられるご質問

   → よくある質問【Q&A】集

   https://yutakanajinsei.com/intro/faq/3891/

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 わくわく! 初心者勉強会   毎週 日曜日 火曜日 金曜日の午後1時から4時まで3時間

ステップアップ勉強会 毎週火曜日と日曜日の10時から12時 (午後はゲーム)

点数計算を覚えたい方は 毎週金曜日の午前中に点数計算勉強会を開催

※いずれも予約無し。費用は1日分の利用料金のみで、追加料金は一切かかりません。

※教室会員でない方も、ビジター利用(2500円)で参加できます。  

 個人レッスン  平日午後6時半から11時までお好きなお時間をお選びください

個人レッスンについて詳しくはこちら https://yutakanajinsei.com/intro/private-lesson/5510/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階

03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます)
 都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)

 日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)

 JR「有楽町駅」(徒歩10分)
 有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)

 銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

【通常営業中!】2021年1月7日緊急事態宣言による対応と新たな感染予防対策について