役牌をポンする時に『一鳴き』か『二鳴き』かいつも悩んでいませんか? 麻雀の3つの判断!

役牌をポンするのは

一鳴きがイイ?

それとも二鳴きが良い?

どちらが良いのか

いつも悩んでいませんか?

 

 

私もよく生徒さんからこのような質問を受けます。

なのでそのお気持ちはよく解ります!

そこでよく質問を受けるのが、

私はどうするかをよく質問されます。

 

 

実は私、一鳴きや二鳴きは全く気にしません!

ビックリしました?!

全くそのこだわりはないです。

 

 

でも、この答えでは一鳴きか二鳴きに悩んでいる

あなたの参考にはなりませんよね(笑)

 

 

実は、私は麻雀を別の軸で見てます。

どういう事かと言うと、

麻雀は突き詰めると、3つに集約されます。

◇速くあがる

◇高くあがる

◇守る

 

 

例えば、

あなたはポツンと一人ぼっちのドラを持ってます。

その時に考えるのは、

ドラを捨てようか?

ドラを取っておこうか?

 

 

この時に先ほどの3つに当てはめると、

ポツンとしたドラを捨てると速くあがれそう!

ドラが後から使えれば高くあがれそう!

要は速い高いで悩んでいるのです!

 

 

では今日の本題の

役牌をポンする場合に当てはめましょう。

要は速い高いです。

 

 

 

例えば、ポンしようとしてる役牌が

ドラだったら、悩みますか?

迷わず一鳴きですよね!

 

 

あと例えば、

ホンイツやトイトイも一緒に出来そうで

満貫クラスのあがりを望めるのなら

一鳴きをしませんか?

もし悩むとすれば、

マンガンの速いあがりと

ハネ満以上の高いあがり

この両者で悩んでいませんか?

となると、役牌の一鳴きか二鳴きとは別問題ですよね。

 

 

このように、高くあがれそうな時は

たいてい一鳴きをしていると思います。

 

 

となると、一鳴きか二鳴きで悩むときは

たいして手が良くない。

とりあえず役牌が2枚ある。

こんな時ではないでしょうか?

 

 

ここで気を付けなければいけないのが、

速くあがるの本当の意味です。

例えば、相手にあがられてしまえば

あなたがテンパイであろうと

イーシャンテンであろうと、

バラバラであろうと何にも関係がありません。

この意味わかりますか?

 

 

つまり、速くあがるは

相手よりも速くあがらないと意味が無いのです。

なので自分の手が1つ進んでも

相手よりも遅かったら無意味です。

 

 

相手よりも先手を取れそう。

つまり、捨て牌1列目(6巡目以内)に

テンパイできそうならポンをした方が良いです。

逆にそれまでにテンパイが難しそうなら

あがることよりも守ることを考えた方が良いです。

なぜなら、ポンをすると

先ほどの3つの中の守りが極めて難しくなるからです。

なので先手が取れないのに

役牌だけであがりに向かうには無謀な戦いです。

 

 

何度も言いますが、

麻雀は4人のうち、最初にあがった1人だけがあがりです。

2位3位は無いのです!

 

 

なので結論として、

一鳴きか二鳴きで悩むときは

あまり手が良いとは言えない。

捨て牌1列目(6巡目)以内にテンパイ出来そうなら

積極的にポンをした方が良い。

それ以外は、あがることよりも

守る方を優先した方が良いです。

ご参考までに♪

 

 

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪ 

三色はイッツウの2倍も出来やすい?!

3月の火曜日午前10時からのステップアップ勉強会では、
『三色と役の法則』の勉強をします。

上級者の三色を見て憧れたことありませんか?
そして上級者で三色が好きな方って多いと思いませんか。
実は三色はイッツウよりも2倍出来やすいのです!
その理由と、役の法則に迫ります。
また、三色の魅力やコツなどもお伝えします!
上級者のような美しい三色をあがれるようになりませんか?

難しい役は高い、簡単な役は安いと思っていませんか?

3月の金曜日午前10時からの点数計算勉強会では、
『役の法則で役を覚えよう』をします。

実は役には法則性があったのです!
役を覚えるのってとても大変ではありませんか?
でも役の法則から覚えると、とても簡単に覚えられます。
「あれ?!サンアンコって何役だっけ?」と思ったら
役の法則で一発解決です!
点数計算をもっと楽に出来るようになりませんか?

麻雀をゼロから教えてくれる場所が無くてお困りでは?

毎週 火曜日・金曜日・日曜日 午後1時から
初心者勉強会 兼 麻雀の基本の勉強会を開催してます。

麻雀に興味があるけど街中の麻雀屋さんは怖いし、
友達に教えてもらうと賭け麻雀に誘われそうで。。。
そのようにお困りの時は当教室はいかがでしょうか?
麻雀牌の種類の説明など、ゼロからお教えします。
実は麻雀を覚えるのに一番難しいのは、実は麻雀用語です!
当教室では麻雀用語を極力使わず、
今まで千人以上の初心者さんが麻雀を覚えました。

麻雀を通じて豊かな人生に!
銀座ファミリー麻雀教室
賭け麻雀大嫌い麻雀講師

林 正弘

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

※家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。
 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室 ブログの各テーマを詳しくご紹介します

他の麻雀教室とはここが違う!銀座ファミリー麻雀教室の3つの特徴!

平成28年9月8日にNHKにて当教室がテレビ放映されました!【動画付き】

麻雀について熱く語ります!

麻雀に興味があるけどどんなゲームか気になっていませんか?【麻雀入門①】麻雀とは

銀座ファミリー麻雀教室ではどんなふうに麻雀を教えてるの?に写真入りでお答えします!

結果に効く! 個人レッスンのご案内(マンツーマン・レッスン、プライベート・レッスン)

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます)
都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)

日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)

JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)

銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ サイトが新しくなりました。直リンクでブログをブックマークしている方はアドレスがことなりますのでご了承おねがいいたします。