ロンをしたらチョンボになったことありませんか? ロンが出来るかの判別方法!

あがり牌が出たので

「ロン!」

しかしそれで

チョンボになったこと

ありませんか?

 

 

そんな時はとても悔しいですよね。

特に相手に言われるまで気づかなかった場合は

情けないというか

悲しいというか、

何とも言えない気分になりますね。

 

 

自分の欲しい牌が出ると

ついつい「ロン!」って言いたくなりますよね。

しかし、ロンという前に

3つのことを確かめてください!

◇テンパイしてる?

◇役はある?

◇フリテンしてない?

 

ではそれぞれについて説明します!

 

◇テンパイしてる?

 

まず確認してほしいことはテンパイをしているのか?

特に役やドラがあると

テンパイしていないのについついロンと言いがちです。

また、よく間違えやすいのが、

です。

になってないか?

しっかり確かめましょうね。

 

次に多いのがリャンカン待ちです。

両間待ちと言った方が解りやすいでしょうか。

  

このような両間を待つ形です。

3枚なのでついつい、

組合せと思ってしまうことがあります。

 

 

役はある?

 

次に確認してほしいことは役です。

麻雀は役が無いとあがれません。

ポンやチーをしてあがれなくなったことありませんか?

まさしくそれが役無しの形です。

 

 

役の探し方ですが、まずはこの3つを確認してください。

ピンフになってる?

タンヤオになってる?

役牌が3枚揃ってる?

 

 

これらになってない場合は、

シュンツの役を見てみましょう。

イーペーコーになってる?

三色になってる?

イッツウになってる?

 

その他の役は最初から意図しないとできません。

なのでロンの時点で確認することは無いと思います。

最初の方針と変えた場合は上記の役を確認しましょうね!

 

また、役があっても『リャンハン縛り』の状態になってると

2飜以上の役が無いとあがれません。

要注意です!

 

 

フリテンになってない?

 

役もあるのにロンと言ってチョンボになるのは

このフリテンが原因です。

フリテンは大きく分けて3つの種類があります。

◇待ち牌を自分が捨ててる

◇リーチ後の見逃し

◇同一巡内のロン

 

1つ目は一般的なフリテンです。

待ち牌の1つでも自分で捨てていると、

相手の牌でロンを言うことができなくなります。

例えば、待ち牌が4つあるとして、

そのうちの1つでも捨てていると、

他の牌であってもロンは言えません。

これがとても気を付けてほしい点です。

 

 

2つ目は、リーチ後の見逃しです。

リーチの後に見逃すと、以降ロン出来ません。

こちらもフリテンの1種です。

ただし、リーチをしていなければロン出来ます。

 

 

3つ目は同一巡内のロンです。

自分が捨て牌をしてから次の捨て牌までの間に、

誰かの牌を見逃して

他の人の牌でロンは言えないのです。

ちょっと難しいかな?!

役に拘らない限りこの間違いはほぼありません。

役がどうしても作りたい時は気を付けましょう!

 

 

まとめ

 

実は上記のロン出来るかの判別は

私が実際にやってる方法です。

生徒さんから

相手の捨て牌でロンしたいと質問を受けた場合は

いつも上記の通りに判断してます。

①テンパってる?

②役はある?

➂フリテンしてない?

ロンする時はこの3つを確認してくださいね!

 

 

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪ 

三色はイッツウの2倍も出来やすい?!

3月の火曜日午前10時からのステップアップ勉強会では、
『三色と役の法則』の勉強をします。

上級者の三色を見て憧れたことありませんか?
そして上級者で三色が好きな方って多いと思いませんか。
実は三色はイッツウよりも2倍出来やすいのです!
その理由と、役の法則に迫ります。
また、三色の魅力やコツなどもお伝えします!
上級者のような美しい三色をあがれるようになりませんか?

難しい役は高い、簡単な役は安いと思っていませんか?

3月の金曜日午前10時からの点数計算勉強会では、
『役の法則で役を覚えよう』をします。

実は役には法則性があったのです!
役を覚えるのってとても大変ではありませんか?
でも役の法則から覚えると、とても簡単に覚えられます。
「あれ?!サンアンコって何役だっけ?」と思ったら
役の法則で一発解決です!
点数計算をもっと楽に出来るようになりませんか?

麻雀をゼロから教えてくれる場所が無くてお困りでは?

毎週 火曜日・金曜日・日曜日 午後1時から
初心者勉強会 兼 麻雀の基本の勉強会を開催してます。

麻雀に興味があるけど街中の麻雀屋さんは怖いし、
友達に教えてもらうと賭け麻雀に誘われそうで。。。
そのようにお困りの時は当教室はいかがでしょうか?
麻雀牌の種類の説明など、ゼロからお教えします。
実は麻雀を覚えるのに一番難しいのは、実は麻雀用語です!
当教室では麻雀用語を極力使わず、
今まで千人以上の初心者さんが麻雀を覚えました。

麻雀を通じて豊かな人生に!
銀座ファミリー麻雀教室
賭け麻雀大嫌い麻雀講師

林 正弘

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

※家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。
 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室 ブログの各テーマを詳しくご紹介します

他の麻雀教室とはここが違う!銀座ファミリー麻雀教室の3つの特徴!

平成28年9月8日にNHKにて当教室がテレビ放映されました!【動画付き】

麻雀について熱く語ります!

麻雀に興味があるけどどんなゲームか気になっていませんか?【麻雀入門①】麻雀とは

銀座ファミリー麻雀教室ではどんなふうに麻雀を教えてるの?に写真入りでお答えします!

結果に効く! 個人レッスンのご案内(マンツーマン・レッスン、プライベート・レッスン)

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます)
都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)

日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)

JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)

銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ サイトが新しくなりました。直リンクでブログをブックマークしている方はアドレスがことなりますのでご了承おねがいいたします。