九万は「キューマン」と「チューワン」どっちの読み方が正しいの?

を「チューワン」と言ってるのを聞いたことありませんか?

 

もしも無いのなら、これからいろいろな人を麻雀をすれば聞くはずです。

 

でも、そうなると、どっちが正しいの?となりますよね。

そもそも『萬子(まんず)』は「ワンズ」と言われてました。

中国語風に読むと「ワンズ」
日本語読みで「マンズ」

「ワン」も「マン」も大きな違いはないので、最近は日本語読みの「マン」と呼ぶことが多いです。

「ワンズ」も「マンズ」もどちらも正解です!

 

同じように数字の9も読み方が2通りあります。

中国語風に読むと「チュー(チュウ)」
日本語読みだと「キュー(キュウ)」

こちらの場合も発音が似てるので、最近は日本語読みの「キュー」としてるところが多いです。

 

しかし麻雀では9を「チュウ」と読む名残が今でも残っています。

例えばこちらはなんと読むか分かりますか?

么九牌

ヤオチュウ牌と言い、1,9,字牌のことです。

 

またこちらは読めますか?

九連宝燈

「チュウレンポウトウ」と読み、麻雀の役満の1つです。

 

このように役や牌の名前では、今でも九を「チュウ」と読みます。

 

まとめ

大雑把にまとめるとこうなります。

昔から麻雀をやってる人は「チューワン」
最近麻雀を始めた人は「キューマン」

このように思っていただいて良いと思います。

 

なので、自分は初心者と言っておきながらを「チューワン」という人がいたら要注意です!

決して初心者ではありません!!!

かなり昔から麻雀をやっていて、初心者と偽ってる場合があります。

 

とはいえ、当教室のようにゲームや遊びとしての麻雀を楽しむのなら何の問題はありません。

でも、そんな人に賭け麻雀に誘われたら絶対に言ってはダメですよ!

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?