点数計算がなかなか覚えられずお困りでは? 点数計算を効率良く覚える順序!

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

点数計算がなかなか覚えられずお困りではありませんか?

 

そのお気持ちよく解ります!

うちの教室の多く生徒さんもなかなか覚えられずに困ってる方は多いです。

 

ですが、知ってますか?

実は点数計算をなかなか覚えられない人は、いっぺんに全部を覚えようとしてます!

1から10までいっぺんに覚えようとするから覚えられないのです。

 

実は、私は点数計算は1日で覚えました。

その時の手順を今回はお教えしますね!

 

❶子から覚える!

まず、点数計算は親と子の計算があります。

両方をいっぺんに覚えるに越したことはありません。

しかし似かよった点数もあり、いっぺんに覚えるのは困難です。

そこで、麻雀の点数はまず子から覚えます。

理由は2点!

1点目は、単純に考えて親が1人に対して子が3人です。

子があがる回数が多いのです!

数の論理で子から覚えた方が得なのです。

 

そして、2つ目の理由です。

親の点数は基本的に子の1.5倍です。

つまり、子の計算がパッと解れば親の計算は1.5倍すれば良いのです。

逆に、親の点数から子の点数を導く場合は2/3の計算をしなければなりません。

3分の2の計算は簡単にできますか?

なのでこの計算をまずはしっかり覚える!

子がパッと解るようになったら、親はその点数を1.5倍にすれば良いのです。

子から覚えた方が良いと思いませんか?

 

❷ピンフでロンの計算を覚える!

この点数でまずはピンフのロンの計算を覚えます!

ピンフでロンの場合は30符計算です。

1 2  39  77(満貫)
セン ニセン サンキュー ナナナナ

ピンフでロンをした瞬間に上記が連想できればパっと答えられます。

点数計算のコツは覚えようとせず、パッと連想できるように何度も声に出すことがコツです!

一番良い例がかけ算の九九です。

九九を覚える時は、暗記や記憶と思って覚えましたか?

そんなことはありませんよね。

何度の声に出して覚えませんでしたか?

点数計算も同じです。

毎日のように声に出せばすぐに覚えられます!

コツは覚えようとせずに、毎日何度も声に出すことを目的にすることです!

 

❸ピンフ・ツモの計算を覚える!

ピンフでロンの計算をしっかり覚えたら、次はピンフでツモの計算です!

ここで注意点が1つあります。

ピンフでロンの計算をしっかり覚えてからにしてください。

中途半端な記憶は、実際の麻雀では何の役に立ちません!!

あやふや10の知識なら、きちんとした1つの知識の方がよっぽど役立ちます!

 

ピンフでツモの計算はまとめた計算で覚えた方が簡単です。

7  13  26  52
ナナ イチサン ニーロク ゴーニー

例えば、ピンフのツモで役が3つなら、先ほどの数字の並びで3つ目の26となります。

 

❹ピンフとは

ピンフは漢字で『平和』です。

しかし日本語の平和(へいわ)の意味はありません。

麻雀で『和』はあがりの意味です。

ピンフは平(ひら)和(あがり)という意味です。

つまり、符がない平々凡々のあがりという意味です。

なので、ピンフであれば組合せや待ちの符がゼロです。

だから上記のようなことが言えるのです。

 

逆に言えば、ピンフでない時は符が付きます。

符計算は最終的には切り上げとなりますので、ピンフの時の計算に10符を足せばおおよその計算ができます!

 

❺ピンフ以外の点数計算

ピンでなければ必ず符があります。

しかし、符計算は最終的には切り上げ計算です。

なのでピンフでなければ、切り上げ計算込みで+10符すれば良いのです。

ピンフ以外でツモあがり

【30符】
1 2  39  77(満貫)
セン ニセン サンキュー ナナナナ

 

ピンフ以外でロンあがり

【40符】
13  26  52  満貫
イチサン ニーロク ゴーニー マンガン

これを丸覚えしましょう!

 

ここで、「なんでこれで良いの?」と思いませんか?

理由は先ほど述べた通りです。

点数計算をなかなか覚えない方ほど、理屈や原理にこだわる傾向が強いです。

あなたは麻雀の研究をしたのですか?

それとも、麻雀をもっと楽しむために計算をパッと出来るようになりたいのですか?

 

楽しみたいのなら理由や理屈は置いといて、丸覚えしませんか?

どのように覚えたかは問題ではありません。

丸覚えしてパッと使えるようになった人が点数計算ができる人です!

例えば、歴史の年表を覚える時に「良い国作ろうか鎌倉幕府」と覚えませんでしたか?

この分には意味がありますか?

どのように覚えても、覚えたもの勝ちです!

 

❻符計算の仕組みを覚える

最後に符計算の仕組みを覚えます。

仕組みは最後に覚えた方が良いです。

理由は、最初に覚えると毎回計算をしなければならないからです。

実際はあがり方で符はだいたい決まるのです。

あがり方でだいたい決まる符を覚えてから、符計算の仕組みを覚えた方が無駄な計算をしなくて済みます。

細かい原理原則を知るのは最後が良いのです。

 

まとめ

いかがでしたか?

これが私が1日で点数計算を覚えた順序です!

たった1日で、しかも3時間ほどで覚えました。

とはいえ、当時は大学生です。

今とは記憶力も違います(汗)

 

ですが、この覚え方は一番効率が良いと思います。

いかがですか?

麻雀の手数計算が出来るようになったらどんな素敵な未来が待ってますか?

麻雀は楽しい!勝てるともっと楽しい!

 

 

 

この記事を書いた人

銀座ファミリー麻雀教室 代表
麻雀講師歴25年
林 正弘

麻雀教室設立: 1995年 ( 25年目 )
生徒数(延べ人数):これまで3万人以上
会員数(延べ人数) :毎日40名 これまで30万人以上
TV 紹介:2回 (NHK-BS『ニッポンぶらり鉄道旅』)
       (   テレビ東京『チマタの噺』 )
オリジナル麻雀教材: 特許庁実用新案登録

【これまで習ったコミュニケーション技術】
■励ます技術「ペップトーク」
■相手の目標達成を促す「コーチング」
■悩みの相談「カウンセリング」
■新しい自分へ「心のブロック外し」
■心の奥底の声を聴く「チャネリング」
■癒しの波動「気功ヒーリング」
■言葉や文章で 伝える技術

【プロフィール】
麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族がギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達とゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、賭けない楽しい麻雀の普及のために今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。麻雀教室を設立して25年、想いを優先して、プロの雀士にはならず講師を天命として、1,000人以上の生徒さんへの指導、賭けない麻雀の普及に尽力しゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

※ 毎日ブログ更新を5年以上続けましたが、過去記事の整理のため新規更新は一旦お休みします

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 

 

 

 


オンライン個人レッスンのご案内

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

【通常営業中!】2021年1月7日緊急事態宣言による対応と新たな感染予防対策について