「メンホン」とはメンゼンのホンイツの略 メンホンを使う理由とメリット

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

メンホンとは「メンゼン」の「ホンイツ」を略です。あえてメンホンを使う理由と、メンホンを使うことによって点数がイメージしやすくなるメリットを例題とともに詳しくお伝えします。

 

「メンホン」をよく聞くけど何のことかわからない。
何となく分っているけど、イマイチよく解らない。

と、思っていませんか?

 

たまに、耳にする「メンホン」。

上級者は普通に使ってますが、

何のことかサッパリわからない。

何となく分かってるけど

実はよく分かっていない。

 

そんなあなたのために

「メンホン」の意味と使い方やメリットを紹介します。

 

メンホンとは?

「メンホン」とは「メンゼン」の「ホンイツ」の略です。

メンゼンとは、ポン・チーをしていない状態です。

もっとやさしく言うと、
テンパイすればリーチをかけることが出来る状態です。

 

そして、「ホンイツ」とは、役の1つで、

マンズ・ピンズ・ソーズのうち、

1種類と字牌だけのあがりです。

(例)

ホンイツ サンプル

 

また、ポン・チーをしていない状態では、

牌を全部立てています。

なので「メンホン」のことを「タテホン」と言う人もいます。

「メンホン」も「タテホン」も同じ意味です。

 

メンホンを使う理由

 

「メンホン」と言って区別する理由は、

メンゼンの時と、ポン・チーをした時に

役の数が変わるからです。

 

メンゼンのホンイツ → 3役

ポン・チーをしたホンイツ → 2役

 

ホンイツは字牌との相性の良さなどから

ポン・チーをしてあがる方が圧倒的に多いです。

いたがって一般的に「ホンイツ」というと、

ポン・チーをした2役のホンイツを指します。

 

一方、メンゼンでホンイツができた場合は3役です。

2役のポン・チーをした「ホンイツ」と区別するために

「メンホン」と言うのです。

 

メンホンを使うメリット

 

メリットは、「ホンイツ」と「メンホン」を使い分けることで

点数までイメージできることです。

 

例えば、ホンイツとハツの役であがると、

ポン・チーしていなければ合計4役、

ポン・チーしてると合計3役 となり、

とても区別しにくいです。

 

ここで、ポン・チーをしたホンイツを

ただの「ホンイツ」、

ポン・チーをしていないメンゼンのホンイツを

「メンホン」と言うと

説明することなく、2役か3役か判断できるのです。

 

特にベテランさんどうしなら、

「メンホン」と「ホンイツ」を使い分けて共通認識としています。

 

例えば、上記の例ですが、

ポン・チーをしたホンイツなら
ホンイツ・ハツで3役 → 3,900点。

メンゼンのホンイツなら
メンホン・ハツで4役 → マンガン(8千点)。

 

このように、ポン・チーしてるか言及せずに

2役か3役かすぐに分かり、

点数までイメージできるのです。

 

ではここで、ちょっと例題を出しますね。

以下の例題は何役で、子なら何点でしょうか?

(※コーツやカンなど符ハネする組合せは無いとします)

 

【1】 ホンイツ・ドラ
【2】 メンホン・ドラ
【3】 メンホン・イッツウ
【4】 ホンイツ・イッツウ

 

【1】 ホンイツ・ドラ

「ホンイツ」なのでポン・チーしてる2役です。

それにドラの1役で合計3役。

したがって点数は子で3900点となります。

(※アンコやカンがなければ)

 

【2】 メンホン・ドラ

「メンホン」なので、メンゼンのホンイツで3役です。

それにドラの1役で、合計4役。

したがって、40符4役(6翻)でマンガンになります。

 

↓なぜ40符計算?と思った方はこちらもどうぞ!

【永久保存版】符計算不要! 2つの役だけでパッと出来る点数計算の裏技!

 

【3】 メンホン・イッツウ

「メンホン」なので、メンゼンのホンイツで3役です。

また、「メンホン」なのでメンゼンが前提になるので

イッツウはメンゼンで2役です。

合計5役となり、満貫(マンガン)となります。

 

【4】 ホンイツ・イッツウ

「ホンイツ」なので、ポン・チーをした2役です。

またイッツウもポン・チーしてるので1役となります。

したがって合計3役となり、子で3,900点になります。

(※アンコやカンがなければ)

 

このように、「メンホン」と「ホンイツ」を使い分けるだけで

役を言えば点数までイメージできます。

 

ここまで達するにはちょっと難しいかもしれません。

でも、ベテランさんは使い分けによって

ここまで利用してることをお判りいただけたでしょうか。

 

メンホンのまとめ

「メンホン」とは、「メンゼン」の「ホンイツ」の略です。
※「メンゼン」とは、ポンやチーをしていないことです。

「メンホン」は3役で、ポン・チーをした「ホンイツ」は2役です。

一般的にはポン・チーをしたホンイツが圧倒的に多いので、それと区別するために「メンホン」を使います。

「メンホン」を使うことで点数もパッとイメージしやすくなってます。

 

あなたも「メンホン」と「ホンイツ」を使い分けることが出来たら、どんな素敵な未来が待ってますか?

「勝てない」「難しい」「くやしい」と感じたら、電子書籍『楽しく上達する3つの秘訣』を無料プレゼント!

この記事を書いた人

銀座ファミリー麻雀教室 代表
麻雀講師歴25年
林 正弘

麻雀教室設立: 1995年 ( 25年目 )
生徒数(延べ人数):これまで3万人以上
会員数(延べ人数) :毎日40名 これまで30万人以上
TV 紹介:2回 (NHK-BS『ニッポンぶらり鉄道旅』)
       (   テレビ東京『チマタの噺』 )
オリジナル麻雀教材: 特許庁実用新案登録

【これまで習ったコミュニケーション技術】
■励ます技術「ペップトーク」
■相手の目標達成を促す「コーチング」
■悩みの相談「カウンセリング」
■新しい自分へ「心のブロック外し」
■心の奥底の声を聴く「チャネリング」
■癒しの波動「気功ヒーリング」
■言葉や文章で 伝える技術

【プロフィール】
麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族がギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達とゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、賭けない楽しい麻雀の普及のために今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。麻雀教室を設立して25年、想いを優先して、プロの雀士にはならず講師を天命として、1,000人以上の生徒さんへの指導、賭けない麻雀の普及に尽力しゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

スマホやタブレット、パソコンでオンライン麻雀教室!
スマホやパソコンで受けられるマンツーマン・麻雀レッスン!

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

※ 毎日ブログ更新を5年以上続けましたが、過去記事の整理のため新規更新は一旦お休みします

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 


5月6日までお休み


5月6日までお休み

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?