覚えれば簡単!持ち点計算・トップ計算・三万点返し計算の方法

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

ゲームが終わった後の計算法をご存知でしょうか?
持ち点をそのまま書く場合もありますが、一般的によくやられている『3万点返し計算』を説明します。
3万点返し計算を覚えたら、自分の持ち点の計算やトップ計算も簡単です!

 

トップの点数計算イメージ画像

 

麻雀って本当に楽しいですよね!

特に覚えたての方は楽しくて楽しくてしょうがないですね。

ゲームが楽しいので、細かいことがなかなか覚えられかもしれません。

しかし、一緒にゲームをしてるメンバーの本音は、基本的な事はしっかり覚えてほしいです。

 

あがった時の点数計算はちょっとハードルが高いので、これはお任せしても良いです。

ただ、ゲームが終わった時の得点計算くらいは、自分の得点は自分で報告できるようにしましょう。

 

麻雀の持ち点計算やトップ計算の3万巻点返し計算とは?

麻雀の勝敗を決める得点計算で一般的なのは「3万点返し計算」です。

「3万点返し」とは3万点を基準に何点多い・少ないのことです。

つまり、自分の点数が3万点より多い分がプラスで、

自分の点数が3万点より少ない分がマイナスです。

このプラスやマイナスの大小で最終的な勝敗を決めます。

 

麻雀の得点計算やトップ計算の3万点返し計算の手順

では早速、勝ち負けの得点計算の手順を覚えましょう!

と、その前に勝ち負けの得点計算を「トップの計算」と呼ぶこともあります。

それは、何故か?

手順を追っていくとわかります。 ( → はい、私は意地悪です(笑) )

 

【ゲーム終了時のトップ計算の仕方】

 

【手順1】 トップを決める 

 

点棒を全て自分の目の前に出し、点数の一番多い方がトップです。

同点の場合はチーチャ(最初の親)を基準に上家(カミチャ)がトップです。

 

【手順2】 トップでない人の計算

 

トップの人の計算は後回しにして、トップでない人の計算を先にします。

計算は、百点棒は四捨五入で3万点からの大小を千点が1点で記録票に書きます。(百点単位は五捨六入の場合もあり)

 

例えば、持ち点が12,800点なら四捨五入をして13,000点です。

3万点から、17,000点少ないので、
-17,000となり、
記録用紙には -17 と記入します。

 

例えば、持ち点が32,400点の場合は四捨五入して32,000点です。

3万点から、2,000点多いので、
+2,000となり、
記録用紙には +2 と記入します

 

【手順3】 トップの計算

 

トップでない方の点数を合計して、

マイナスをプラスに変えた点がトップの方の得点です。

そして、記録票には得点を丸で囲って記入します。

 

【手順4】 確かめ計算

 

トップの方の持ち点から1万点引いた点数が

計算結果と同じなら間違いありません。

ただし、他の人の四捨五入の端数を被るので千点の上下あがります。

千点以内の上下なら正しいです。

 

素朴な疑問、なぜ-1万点?

2,5000点持ちで30,000点返しの計算は、

実は1人5千点ずつの計2万点をトップに上げてるのです。

なのでトップの点数は、
みんなと同様に3万点を引いた点数に
2万点を足すので差引-1万点となります。

-30,000点(基準)
+20,000点(全員から)

=-10,000点(差し引き)

 

トップを先に決めてから、他の人の計算をして、最後にトップの人の計算をするので

得点計算のことを「トップ計算」と呼ぶこともあります。

 

麻雀の得点計算やトップ計算の三万点返し計算の例題

では、例題で実際に計算してみましょう。

 

【例題】 以下の点数の場合、それぞれの得点計算(トップの計算)をしてみましょう

Aさん: 19,400点
Bさん:  3,500点

Cさん: 31,400点
Dさん: 45,700点 

 

まずは【手順1】のトップを決めます。

トップは、Dさんですね。

次は【手順2】トップ以外の方の計算です。

Dさん以外の方の計算をします

 

持ち点 → 四捨五入 → 3万点返し
= 得点  →  記録上の得点

Aさん:
19,400点 → 19,000点 →19,000-30,000
=-11,000点 → -11

Bさん:
3,500点 → 4,000点 →4,000-30,000
=-26,000点  →-26

Cさん:
31,400点 →31,000点 →31,000-30,000
=+1,000点  →+1

 

次は【手順3】トップの計算です。

皆さんの点数を足し合わせて、マイナスをプラスにします。

Dさん:
(-11)+(-26)+(+1)
=-36 → +36 と記入

 

【手順4】確かめ計算です。

Dさんの持ち点45,700点から
1万点を引くと、35,700点

四捨五入して 36,000点
つまり+36となります。

上記の結果と同じなので計算結果は正しいです。

 

ハコテン(破産)した時の得点計算やトップ計算の三万点返し計算

いかがでしたか?

実際にやってみると、そんなに難しくは無いはずです。

 

ただ、ちょっと計算が難しい場合があります。

ハコテンをしてゲームが終了した時です。

この場合にバカ正直に計算をしてしまうと、

とても計算が複雑になります。

特にハコテンした方が持ち点を全て渡してしまうと、

渡した方も、受け取った方も計算し難くなります。

 

ハコテンをしてしまった場合の計算にはポイントがあります。

ハコテンをした方は、1万点など区切りのよい点数を払ったことにします。

そして後から借りた点数を引くととても容易に計算できます。

 

具体的には、ハコテンをした方の持ち点はそのままにします。

払うべき相手に、1万点などの区切りのよい点数を相手に渡したことにして、お釣りをもらいます。

持ち点とお釣りを合わせて点数で計算します。

ただ1点だけ違うのが、3万点返しの際に借りた点数も加えて返すです。

1万点を借りていれば、3万点+1万点で4万点を基準に4万点返しをします。

そうすることで、計算が極めて簡単になります。

 

なかなか文章では難しいので、実際に例題で計算してみましょう。

 

ハコテン(破産)した時の得点計算やトップ計算の三万点返し計算の例題

【例題】 タロウさんスドウさんへ7,700点振込み、4,300点しか持っていない場合

 

タロウさんはスドウさんに1万点を払ったことにして、お釣りの2,300点を受け取ります。

(実際はタロウさんがスドウさんに1万点を借りてる状態です)

タロウさんはお釣りを受け取り、手持ちの点数と合わせて6,600点です。

 

ここからがタロウさんの得点計算です。

6,600 → (四捨五入)7,000点

基準の3万点と、さらに借りてる1万点を足して、
4万点を基準に4万点返しで計算します。

7,000-40,000 = -33,000 → -33

タロウさんは記録用紙に―33と記入します。

一方、1万点貸してるスドウさんは、

持ち点に1万点を足して計算します。

例えば、スドウさんの持ち点が28,000点なら、

タロウさんに貸してる1万点を加えて
持ち点が38,000点として計算します。

あとは上記の手順通りに、トップかそうでないかで計算は変わります。

 

文章にするとわかり難いのですが、1回覚えてしまうと簡単です!

また、当教室にいらした際に得点計算が分らない時や、計算が合わない時は、

いつでもスタッフを呼んでくださいね\(^o^)/

 

特にハコテンをした際の計算は、大会でも一番トラブルが多いです!

お気軽に声をかけてください♪

 

得点計算やトップ計算の三万点返し計算 まとめ

麻雀の得点計算やトップ計算は三万点返し計算を使うのが一般的です。。

その計算方法は以下の通りです。

❶トップを決める
❷トップてない人の計算(3万点返し)
❸トップの人の計算
❹確かめ算

ハコテン(破産)をした場合の計算は、複雑になりやすいので1万点単位で払ったことにしてお釣りをもらう方が計算しやすい。

 

麻雀でトップ計算である三万点返し計算がパッと出来たら、どんな素敵な未来が待ってますか?

麻雀は楽しい!勝てるともっと楽しい!

 

 

 

この記事を書いた人

銀座ファミリー麻雀教室 代表
麻雀講師歴25年
林 正弘

麻雀教室設立: 1995年 ( 25年目 )
生徒数(延べ人数):これまで3万人以上
会員数(延べ人数) :毎日40名 これまで30万人以上
TV 紹介:2回 (NHK-BS『ニッポンぶらり鉄道旅』)
       (   テレビ東京『チマタの噺』 )
オリジナル麻雀教材: 特許庁実用新案登録

【これまで習ったコミュニケーション技術】
■励ます技術「ペップトーク」
■相手の目標達成を促す「コーチング」
■悩みの相談「カウンセリング」
■新しい自分へ「心のブロック外し」
■心の奥底の声を聴く「チャネリング」
■癒しの波動「気功ヒーリング」
■言葉や文章で 伝える技術

【プロフィール】
麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族がギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達とゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、賭けない楽しい麻雀の普及のために今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。麻雀教室を設立して25年、想いを優先して、プロの雀士にはならず講師を天命として、1,000人以上の生徒さんへの指導、賭けない麻雀の普及に尽力しゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

※ 毎日ブログ更新を5年以上続けましたが、過去記事の整理のため新規更新は一旦お休みします

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 

 

 

 


オンライン個人レッスンのご案内

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

【通常営業中!】2021年1月7日緊急事態宣言による対応と新たな感染予防対策について