なぜ私だけ裏ドラが付かないとお悩みでは? 2つの理由を徹底分析!

リーチをかけても私だけ裏ドラが付かない!
みんなはいつも裏ドラが付くのに
なんで私だけ付かない?!
と、お困りではありませんか?
 

 

みんなは裏ドラが付くのに自分だけ付かないと悲しいですよね。

そのお気持ちよく分かります!

麻雀が下手だった以前の私も、同じようなことを思ってました。

「神様は運やツキを人間に不平等に配る!」
「くじ運が悪いから裏ドラも付かない!」

当時は持って生まれた運が違うのかな?とも思っていました。

 

でも、実はこれらはただの『ひがみ』だったのです(汗)

『リーチをかけても裏ドラが付かない症候群』

その原因を紹介します!

 

原因はズバリ2つあります!

◇リーチの回数
◇確証バイアス(事実と記憶の違い) 

 

リーチの回数

 

では、リーチの回数からご紹介します。

裏ドラが付かないという人は自分が裏ドラが付かないと思い込んでるのでリーチをかける回数が圧倒的に少ないです。

「どうせ裏ドラは付かないから、リーチをかけるのを止めよう!」

「どうせ裏ドラは付かないから、ポン・チーしちゃおう!」

このような思考に陥ってしまってリーチの回数が圧倒的に少ないです。

 

一方、裏ドラがよく付くと言われてる人は、リーチの回数が圧倒的に多いです!

先日も言いましたが、裏ドラは数学的な確率で3回に1回は付きます!

◇先日のブログ
https://yutakanajinsei.com/school/shohou/14898/

 

例えば1~2回しかリーチをしなければ裏ドラが付くことは稀です。

しかし、8回も9回もリーチをかけてあがれば計算上3回程度は裏ドラが付くのです!

リーチをかけなければ裏ドラは付くわけがありません。

裏ドラが付く人でも毎回裏ドラが付くわけではありません。

リーチをしてあがる回数が多いから裏ドラが付く回数も比例して多くなるのです。

 

 

確証バイアス(事実と記憶の違い)

 

実は、人間の記憶ってかなりいい加減って知っていますか?

 

例を挙げます。

野球のイチロー元選手。

彼は現役時代によくヒットを打ちましたよね。

では、全盛期のイチロー選手が、逆にヒットを打てなかった場面を鮮明に覚えていますか?

おそらく思い出すのは難しいのでは?

しかし、実際は全盛期でも打率は4割だったのです。

10回のうちに4回しかヒットは打ってません。

10回のうち6回はヒットを打てなかったのです。

ヒットを打てなかった方が圧倒的に多いのに、思い出せないのです!

これこそが『記憶』と『事実』の違いです。

社会心理学ではこのことを「確証バイアス」といいます。

いわゆる思い込みです。

そう思い込んでしまうと、自分の都合の良い情報ばかりを集めて、都合が悪いものは無視をしてしまうのです。

 

これは何でも当てはまります。

あの人は良く裏ドラが付くと思い込んでると裏ドラが付いた時だけ

「またかー!」って悔しい気持ちがあるから覚えてるのです!

しかし同じ人でも裏ドラが付かない時はたくさんあります。

その時は自分の感情をあまり動かなかったからほとんど記憶がないのです。

 

これは自分自身にも当てはまります。

自分が裏ドラが付かない人と思い込んでると、裏ドラが付かない時は、「やっぱりねー!」ってイラっとしてよく覚えてます。

しかし裏ドラが付かないと思い込んでるから裏ドラが付いた時は都合が悪いから無視をしてるのです。

裏ドラが付かない → 都合が良いからしっかり記憶
裏ドラが付いた → 都合が悪いから無視

 

自分の『記憶』と『事実』は全く違うのです!

その思い込みがそうさせているのです!

 

それでも、私はリーチをかけても裏ドラが付かない!

と思うのなら、次の3つの記録をきちんと取ってみましょう。

◇リーチをかけた回数
◇リーチをかけてあがった回数
◇裏ドラが付いた回数

1日だけでは偏りがあるかもしれません。

何日か記録を付けると、みんなそんなに違いはありませんよ!

 

まとめ

  

裏ドラが付かない理由は2つ!

そもそも、リーチの回数が少ない。

自分は裏ドラが付かないと信じて、偏った記憶になってる。

しっかり記録をとり、事実に向き合えばそんな事はないです!

 

 

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪ 
友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

チンイツになると待ちが分からずに不安になりませんか?

7月の火曜日午前10時からのステップアップ勉強会では、
『多面待ちのコツと実習』の勉強をします。

複雑な待ちである『多面待ち』になると
何を待ってるのか分からず困ってしまいますよね。
実は多面待ちがスラスラ解けるコツがあるのを知ってますか?
そのコツとは暗刻(アンコ)の扱い方です!
暗刻(アンコ)を正しく扱えば、待ちは簡単に分かるのです!
多面待ちを解くにあたっての基礎知識とコツを勉強して、
後半は実践練習をいたします!
チンイツが堂々とあがれるようになったらどんな未来が待ってますか?

本を読んで点数計算を勉強したけど全く分からずお困りでは?

7月の金曜日午前10時からの点数計算勉強会では、
『点数計算の基本』をします。

本を読むと点数計算は難しく書いてありますよね。
特に符計算でお困りではありませんか?
しかし、実は上手な人は本の通りに点数計算をしてません!
あがった形によってパターンが決まっているのです。
そのパーターンに従って符が決まるのです。
そのパターンは基本的な2つの役によって決まります。
原理原則通りに符計算をしようと思うからできないのです!
点数計算が出来るようになったら、麻雀がもっと楽しくなると思いませんか?

麻雀をゼロから教えてくれる場所が無くてお困りでは?

毎週 火曜日・金曜日・日曜日 午後1時から
初心者勉強会 兼 麻雀の基本の勉強会を開催してます。

麻雀に興味があるけど街中の麻雀屋さんは怖いし、
友達に教えてもらうと賭け麻雀に誘われそうで。。。
そのようにお困りの時は当教室はいかがでしょうか?
麻雀牌の種類の説明など、ゼロからお教えします。
実は麻雀を覚えるのに一番難しいのは、実は麻雀用語です!
当教室では麻雀用語を極力使わず、
今まで千人以上の初心者さんが麻雀を覚えました。

麻雀を通じて豊かな人生に!
銀座ファミリー麻雀教室
賭け麻雀大嫌い麻雀講師!

林 正弘

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます)
都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?