【あなたは大丈夫?!】絶対にトラブルにならない点数の受け渡し術

一人ひとりの解答を確認して、褒めて伸ばすと大好評!ぜひご登録ください♬

点数の受け渡しでトラブルになったことありませんか?
点数の支払いでトラブらないためには渡す時の一言が効果抜群!

  

麻雀であがるとうれしいですよね。

しかも、親の時にあがると点数が1.5倍です!

さらに、ツモであがると、とてもいい気持になりますよね。

ですが、一方で点数の受け渡しのトラブルも多いです。

せっかくの楽しい麻雀で点数のトラブルにならないための記事です!

点棒の扱い

 

点数の受け渡しトラブルの実例と原因

こんなことありませんか?

相手にお釣りを間違えられた。
点数を受け取ってないのに払ったと言い張られた。

などなど、点数の受け渡しのトラブルは他のどのトラブルよりも後味が悪いですよね。

 

私は自分がゲームに入っていれば誰が何点を払ったかをしっかり見ています。

そこでの私の経験上、点数の受け渡しでトラブルになる場合は、ほぼ勘違いから来てます。

とはいえ、今日の今から勘違いをしないようにしましょうと言われても難しいですよね。

 

点数の受け渡しでトラブルになりやすい時は?

人は時としてどうしても勘違いをします。

してしまうのはしょうがないです。

では、勘違いをされないように点数の受け渡しができれば良いと思いませんか?

 

先ずは点数を受け取る立場から考えてみましょう。

ロンあがりであれば一人から点数を貰うので1対1になり、トラブルにはきわめてなり難いです。

点数のトラブルになりやすいのはツモあがりでみんなから点数を貰う時です。

点数を全員から一斉に受け取った時に慌ててしまいトラブルになりやすいです。

過去のトラブルを思い出してみてください。

ロンよりもツモあがりの方がトラブルになっていませんか?

※ロンあがりのトラブルは点数計算を間違えた場合が多いです。

 

点数の受け渡しでトラブルにならない支払い方

では、今度は点数を払う立場で考えてみましょう。

相手はみんなから点数を受け取ります。

どのようにして渡せば、相手はあなたのことを勘違いせずに受け取れるでしょうか?

 

トラブルにならないポイントは3つです!

❶支払いの点数を申告
❷実際に渡す点数の申告
❸お釣りがある場合は、お釣りの額を申告

先ずは、自分の支払う点数を必ず相手に伝えましょう。

3,900点を払うのなら「3,900点です」と必ず言って渡すようにします。

受け取る側は、あなたが申告して渡せば簡単に確認できます。

 

そして、次はお釣りがある時です。

こちらも支払い点数と同じように必ず申告をしましょう。

ツモあがりで3人から点数を受け取る相手は、受け取るだけ精一杯です。

そこにお釣りの計算までさせると勘違いの原因になりかねません。

支払う点数と、お釣りの点数を申告して渡すようにすれば良いのです。

その際に実際に相手に渡す点数も添えると良いです。

 

トラブルにならない点数の受け渡しの具体例

例えは、2600点の支払いに5千点を渡すときはこうです。

「私の支払いは2,600点です。5千点で2,400点のお釣りをお願いします。」 

このように支払う点数と、自分が相手に渡す点数、そしてお釣りをしっかり申告すれば相手も勘違いをしなくて済みます。

この一言でトラブルは未然に防ぐことが出来るのです。

 

ツモあがりをした時にトラブルにならない受け取り方

では今度はあなたがツモあがりをした時です。

相手が一斉に点数を払っても大変ですよね。

そんな時はこう言いましょう。

「お釣りがある時は、支払いの点数とお釣りの点数を言ってね!」

このように言えば、多くの人は協力してくれます。

 

点数の受け渡しでトラブルにならないまとめ

トラブルになりやすいのはツモの時です。

点数を渡す時に以下の3つを必ず申告しましょう!

❶支払うべき点数
❷相手に実際に渡す点棒
❸お釣りがある場合はお釣りの点数

そしてあなた自身が点数を受け取る時は相手にお釣りを請求するように伝えましょう。

その一言で無駄なトラブルは防げます。

お互いにお互いを思いやる気持ちで楽しい麻雀が出来たら、どんな素敵な未来が待ってますか?

「勝てない」「難しい」「くやしい」と感じたら、電子書籍『楽しく上達する3つの秘訣』を無料プレゼント!

この記事を書いた人

銀座ファミリー麻雀教室 代表
麻雀講師歴25年
林 正弘

麻雀教室設立: 1995年 ( 25年目 )
生徒数(延べ人数):これまで3万人以上
会員数(延べ人数) :毎日40名 これまで30万人以上
TV 紹介:2回 (NHK-BS『ニッポンぶらり鉄道旅』)
       (   テレビ東京『チマタの噺』 )
オリジナル麻雀教材: 特許庁実用新案登録

【これまで習ったコミュニケーション技術】
■励ます技術「ペップトーク」
■相手の目標達成を促す「コーチング」
■悩みの相談「カウンセリング」
■新しい自分へ「心のブロック外し」
■心の奥底の声を聴く「チャネリング」
■癒しの波動「気功ヒーリング」
■言葉や文章で 伝える技術

【プロフィール】
麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族がギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達とゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、賭けない楽しい麻雀の普及のために今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。麻雀教室を設立して25年、想いを優先して、プロの雀士にはならず講師を天命として、1,000人以上の生徒さんへの指導、賭けない麻雀の普及に尽力しゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

スマホやタブレット、パソコンでオンライン麻雀教室!
スマホやパソコンで受けられるマンツーマン・麻雀レッスン!

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

※ 毎日ブログ更新を5年以上続けましたが、過去記事の整理のため新規更新は一旦お休みします

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 


5月6日までお休み


5月6日までお休み

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?