何気なく1や9を捨ててリーチをしてませんか? リャンカン待ちと引っ掛けリーチの使い方

カンチャン待ちでリーチをかけたけどなかなかあがれずにイライラしたことありませんか?

 

 

麻雀であがれないと本当に疲れますよね。

さらに、私でも気持ちは少しイライラしてしまいます。

ええ、私もそんなにデキた人間ではありませんから(笑)

 

さてさて。

多くのカンチャン待ちは選択の余地が無いのでしょうがないです。

しかし、カンチャン待ちのリーチでも選択の余地がある場合があります。

どんな場合かお分かりになりますか?

 

 

それが今日の本題のリャンカン待ち(両間待ち)です!

  

さて、最終的にこの形が残った時は、どれかを捨てなければなりません。

ではリーチをするなら、この場合は何を捨てた方が良いでしょうか?

 

 

タンヤオになるなど役が絡む場合ならを捨ててリーチでもOKなのです。

しかし、役やドラに関係無いのならこの捨て方はちょっともったいないです!

というのは、何気なくを捨ててしまうことがちょっと怖いのです。

 

でも、1・9・字牌を捨てよう!と言われるからとお思いでしょうが、その目的はご存知ですか?

 1・9・字牌を捨てるのは、両面待ちを効率よく作って相手よりも速くあがるためです。

 

では、先ほどの例に戻ります。先ほどはどれを捨ててリーチにするか?です。

この場合は捨てればリーチなので、両面待ちをこれから作る捨て方とはちょっと違います。

捨てればリーチなのです!

となると、先ほどの両間待ちでは、これを捨ててリーチです!

 

なぜを捨てるのか?

その理由は2つあります!

 

 

①から説明します。

もしも相手がリーチをしました。

あなたは、そのリーチに対してしか捨てることができません。

あなたは、どちらの牌を捨てますか?

 

 

多くの人は特別な理由がない限りを選ぶと思います。

なぜなら、9に近いのでロンされる可能性が低いからです。

 

だったら、あなたが自身がカンチャン待ちで待つのならを待ちませんか?

相手が出してくれそうな方を待ちましょう!というコトです。

 

 

次は理由の2つ目です!

相手がでリーチをすれば、そのスジの牌は何でしょう?

ですよね。

そう、出した牌のスジを待つことになるのです。

相手がスジを知っていれば、ロン出来やすいと思いませんか?

 

このように、スジを逆手に取ってスジである牌を待つ待ち方を『引っ掛けリーチ』と言います。

これはよく使われる言葉なので、言葉と一緒に覚えましょう。

 

ただし、なので多用は禁物です。

あまり安り過ぎると、スジの引っ掛け待ちが好きな人とレッテルを貼られてしまいます。

そうなると引っ掛けリーチの効果は薄くなるので、1日に2~3回までをめどにしましょうね♪

 

 

また、相手がスジを知らない場合があります。

スジを知らない人を相手に引っ掛けリーチは意味がありません。

相手のレベルも考慮してやってくださいね! 

 

 

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪ 
友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

リーチの人の七万を見て、四万がスジと思っていませんか?

6月の火曜日午前10時からのステップアップ勉強会では、
『応用できる スジとカベ』の勉強をします。

「イースーチー」とだけ覚えてもスジは使えません。
とはいえ、難しいモノでもありません。
その仕組みを正しく知っていれば、
相手のリーチだけでなく様々な場面で利用できます。
そして意外と『カベ』を正しく理解してない人が多いです。
カベもスジ同様に仕組みを知れば簡単に使え、
いろいろ応用することが出来るようになります!
『スジ・カベ』を正しく身に付けて、
ワンランク上の麻雀をしませんか?

役は数えられるけど、符計算が分からずお困りでは?

6月の金曜日午前10時からの点数計算勉強会では、
『細かい符計算の勉強』をします。

符計算の仕組みをご存知でしょうか?
知っていても、4のアンコは何符?と
お困りではありませんか。
符計算は丸覚えしただけでは使えません。
符が付く・付かないの見分け方や
符の暗記のコツを身に付けましょう。
そして最終的には符の計算が必要なパターンを覚えて
符の計算を時と場合によって使い分けます。
6月の点数計算勉強会では
符計算を完璧に覚えたいと思いませんか?

麻雀をゼロから教えてくれる場所が無くてお困りでは?

毎週 火曜日・金曜日・日曜日 午後1時から
初心者勉強会 兼 麻雀の基本の勉強会を開催してます。

麻雀に興味があるけど街中の麻雀屋さんは怖いし、
友達に教えてもらうと賭け麻雀に誘われそうで。。。
そのようにお困りの時は当教室はいかがでしょうか?
麻雀牌の種類の説明など、ゼロからお教えします。
実は麻雀を覚えるのに一番難しいのは、実は麻雀用語です!
当教室では麻雀用語を極力使わず、
今まで千人以上の初心者さんが麻雀を覚えました。

麻雀を通じて豊かな人生に!
銀座ファミリー麻雀教室
賭け麻雀大嫌い麻雀講師!

林 正弘

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます)
都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?