複雑な多面待ちがパッと分からずお困りでは?④ 多面待ちの仕組みと実際の手順!

 

チンイツになると

何を待ってるか分からない。
モタモタしてると怒られそう。
チョンボになるのが怖い。

など、お悩みではありませんか?

 

 

スライド3

 

 

そのお気持ち、よく解ります!

先日のブログでお話ししましたが、上記の悩みは以前の私の悩みでした。

しかし、ある時に複雑な多面待ちは単純な待ちが複雑に絡み合ってることに気づいたのです!

先日のブログ
https://yutakanajinsei.com/senior/waiting/28325

 

 

そして、多面待ちは3つのポイント(コツ)で

簡単にスラスラ解けるようになります!

 

 

スライド11

 

その3つのポイントは

①待ち牌を他の組で探す!
②スジを追う!
③変則待ちに慣れる!

 

 

スライド12

 

 

昨日までのブログでこの3つを1つ1つ説明しました。

この3つのポイント(コツ)で複雑な待ちは対応できます。

 

 

さて、今日は普段の麻雀で実際にどのようにすれば良いのか?

これにお答えしたいと思います。

 

 

さて。

3つのポイント(コツ)の中で、①と②は比較的似ていて

とても簡単だと思いませんか?

 

①待ち牌を他の組で探す!
②スジを追う!
③変則待ちに慣れる!

 

一番クセがあるのが、③の変則待ちですよね。

なので③の変則待ちが無ければ

とても簡単ではありませんか?

 

 

変則待ちの特徴は、

アンコがアタマに

アタマがアンコになることです。

つまり、同じ牌3枚組のアンコが無ければ変則待ちには絶対になりません!

 

なので複雑な待ちは

アンコ(同じ牌3枚組)が有るか無いで分けてしまった方が簡単です!

 

スライド63

アンコ(同じ牌3枚組)が無ければ、とても簡単です!

スジ以外の牌を待つことができません。

スジ以外の牌を待つ時はシャンポン待ちになる時だけです。

 

 

なのでアンコが無い場合は、

①何でもいいから1つの待ちを探す
②そのスジを追う!

この2つだけで良いのです。

簡単だと思いませんか?

 

では早速例題をやってみましょう。

 

スライド65

 

まずは、同じ牌3枚組のアンコはありますか?

無いですよね。

なので組み合わせを端から合わせていきましょう。

小さい順でも大きい順でもどちらでも構いません。

何でもいいから待ちを1つ見つけましょう。

要は、その待ってる牌のスジ以外の待ちになることはありません。

小さい順で並べるとこうなります。

     

すると七萬の待ちになりますよね。

となると、あとは四萬と一萬は待ちになるか?

これだけを調べれば良いのです。

 

 

その際に、まずはペンチャン待ちを組合せにします。

七萬を動かせば、四萬待ちになりますよね。

     

 

後は一萬の待ちは四萬を動かせばなりますよね。

このようにアンコが無ければ端から合わせて

そのスジを追えば良いのです。

シャンポン待ちになった時は

シャンポン待ちのスジを考えてみることもあります。

 

 

 

さて、次はアンコがある時です!

要はアンコがある時は、

①アンコをアンコとして待ちを探す
②アンコをアタマにして待ちを探す

この2つを落ち着いてやればいいのです。

 

 

では早速例題を見てみましょう!

 

スライド66

 

待ちは であることは分かりますよね。

これに  が続きそうですね。

そしてこの5個の牌とアタマを見ると、

これらの牌だけを抜き出してみましょう。

 

 

スライド67

 

 

ここからは先ほどの手順です。

①アンコをアンコとして待ちを探す
②アンコをアタマにして待ちを探す

 

 

スライド68

アンコを固定します。

アンコは絶対に崩さないで下さい。

この状態で待ちを探します。

 

 

この場合は との待ちになります。

 

 

 

では次です。

アンコをアタマにします。

この時も先ほどと同時にアタマは絶対に固定して崩してはダメです。

 

 

スライド69

アタマを固定すると

  の待ちになりますよね。

 

 

これで待ちは全て出ました。

先ほどの と合わせて

 

 

     の待ちとなります。

 

 

 

①アンコをアンコとして待ちを探す
②アンコをアタマにして待ちを探す

この2つ以外のことは全て無駄な努力で全て無駄な行為です。

 

 

このように手順がしっかりわかれば

複雑な待ちの多面待ちは難しくありません。

 

 

まずはアンコがある?

無ければスジとシャンポン待ち。

 

アンコがある場合は

①アンコをアンコとして待ちを探す
②アンコをアタマにして待ちを探す

 

 

スライド63

 

では最後にもう1つ例題です。

待ちになりそうな牌をまとめたところから始めます。

 

 

 

 

 

スライド70

アンコはありますか?

 

 

ありますよね。

ではアンコをアンコとして固定しましょう。

 

 

スライド71

待ちは ですね。

アンコを固定してる時は、

スジとシャンポン待ち以外の待ちは絶対にでません。

 

 

次はアンコをアタマにしてみましょう。

 

スライド72

アタマを固定してる場合も

スジとシャンポン待ち以外の牌を待つことは絶対にありません。

なのでこの場合は 待ちです。

 

 

 

先ほどの待ちと合わせて

    となります。

 

 

 

手順さえわかれば、多面待ちってとても簡単だと思いませんか?

多面待ちは根性ではどうにもならないです。

しっかし手順を踏んで、落ち着いて考えてくださいね!

 

 

ここまでよく解った方だけこの先を読み進んでください。

先ほどまでで精いっぱいなら、

これから先はちょっと難しいかもしれません。

 

 

 

 

ちなみにアンコが2つある時です。

この場合はアンコ1つ1つバラバラに考えれば良いのです。

 

①2つのアンコをアンコとして固定して待ちを出す

②1つ目のアンコをアタマに固定して待ちを出す
(2つ目のアンコはアンコのまま固定)

③2つ目のアンコをアタマに固定して待ちを出す

(1つ目のアンコはアンコに固定し直す)

 

 

スライド91

 

スライド92

 

スライド93

 

 

まずは手順をしっかり覚えましょう。

最初はゆっくりでも良いので手順をしっかり身に付けます。

手順が身に付いたら、後は慣れの問題です。

しっかり慣れれば、多面待ちはもう怖くありません!

 

 

多面待ちがパッと解るようになると、どんな未来が待ってますか?

 

明日は多面待ちの手順を覚えて慣れるための実践練習です!

お楽しみに♪

 

友だち追加

毎日多面待ちの問題を出してます!

←友達追加はこちらから

 

麻雀を通じてより豊かな人生に♪ 銀座ファミリー麻雀教室

毎朝7時にブログ更新してます!  明日もお楽しみに♪

大好評!麻雀の得点記録用紙PDFの無料ダウンロード

友だち追加

毎日麻雀の問題を出してます!

←友達追加はこちらから

【林正弘(室長)のプロフィール】

麻雀を教えてますが、ギャンブル(賭け事)が大嫌いです!
賭け麻雀やパチンコはもちろん、宝クジも買いません。
なぜなら、大の仲良しだった幼馴染の家族が
ギャンブルが原因で夜逃げをしちゃったからです。

でも、高校時代に友達と
ゲームとして楽しんだ麻雀が忘れられず、
賭けない楽しい麻雀の普及のために
今の銀座ファミリー麻雀教室を設立しました。

麻雀教室を設立して24年、想いを優先して、
プロの雀士にはならず講師を天命として、
1,000人以上の生徒さんへの指導、
賭けない麻雀の普及に尽力し
ゲーム性や楽しさを伝え続けています。

また、初心者でも簡単に麻雀を覚えれれる
簡単教材を開発し、特許庁に実用新案登録をしました。
この教材で高齢者でも簡単に楽しく麻雀を覚えられ、
今では多くの方がゲームとしての麻雀を楽しんでいます。
※ プロフィールをもっと詳しく知りたい方はこちらから

ちょっとでも気になった方はいつでもお電話♪
03-3542-7650
私、マサヒロの実際の声から、人柄や性格を判断してください!

マサヒロ
マサヒロ
家族経営のため、全員苗字が 『 林 (はやし) 』 です。 私をご指名の場合は『長男』または『マサヒロ』とおっしゃってください!

銀座ファミリー麻雀教室
住所 〒104-006 東京都中央区銀座2-14-9 GFビル5階
03-3542-7650 (ちょっとでも気になった方は、いつでもお電話ください)

【アクセス】 (駅名をクリックすると手書き地図が出ます

都営浅草線「東銀座駅」(徒歩4分)
日比谷線「東銀座駅」(徒歩5分)
JR「有楽町駅」(徒歩10分)
有楽町線「新富町駅」(徒歩4分)
銀座線「銀座駅」(徒歩6分)

【営業時間】 午前10時~午後4時 (年中無休)

当教室facebookはこちら http://www.facebook.com/ginzafamily

お知らせ

お知らせ ≫ ラインで毎日多面待ちの問題をお送りしてます。電車の中や家事の合間などちょっとしたお時間を利用して麻雀の上達をしませんか?