【入門8】 捨てる順序

麻雀入門

 

前回で両面待ちが一番良いと申しました。

 

そうです。

 

この両面待ちをいかに効率良く作るかが麻雀のコツとなります。

 

なので捨てる順番は、リャンメン待ちになり難い順に捨てます。

 

1番目に捨てる 【字牌】 → 続きにならない

2番目に捨てる 【1と9】 → 両面待ちにならない

3番目に捨てる 【2と8】 → 両面待ちになる可能性は1つ

4番目に捨てる 【ペンチャン待ち】 → 発展性が乏しい

5番目に捨てる 【3~7】 → 最も両面待ちになりやすい

 

最初から字牌捨てるの?とお思いの方は麻雀を良く知ってますね。

 

実際は字牌、特に役牌は後に捨てた方が得する場合もあります。

 

しかし初心者や中級者の方々は、どうすれば組合せが作りやすいかを学ぶために

 

字牌は最初に捨てた方が良いです。

 

色々な事をわかってる上級者はその時に応じて捨て方をアレンジしますが、

 

今はしっかり組み合わせの出来やすさを身に付ける方が先と考えます。

 

では具体例を見てみましょう。

 

 

と配られました。

 

並べ替えると

 

        

 

 

 

アタマは文句なしの 

 

組合せの候補は リャンメン待ち

 

            カンチャン待ち

 

            カンチャン待ち → のペンチャン待ちより良い

 

捨てる順番は以下の通りです

 

1番目   2番目  3番目  4番目  となります。

 

もし2や8の牌があれば 2番目と3番目の間に捨てます。

 

(つづく)  【入門9】 アタマの優劣 

 

【入門1】 麻雀ってどんなゲーム?

【入門2】 麻雀牌の種類

【入門3】 アタマ

【入門4】 組み合せ

【入門5】 あがり

【入門6】 組合せは続き番号(シュンツ)

【入門7】 組合せの待ちの形

【入門8】 捨てる順序

【入門9】 アタマの優劣

【入門10】 ゲームの大まかな流れ

【入門11】あがるためにはアタマと4組揃える他に<あがり役>が必要

 

 

麻雀を通じてより豊かな人生に! 

銀座ファミリー麻雀教室 林 正弘

 

お知らせ

お知らせ ≫ サイトが新しくなりました。直リンクでブログをブックマークしている方はアドレスがことなりますのでご了承おねがいいたします。