【入門9】 アタマの優劣

麻雀入門

 

かなり前にお話ししましたが、組み合わせとアタマでは組み合わせが優先です。

 

では、アタマはどういう時に、どういうアタマが良いかをお話します。

 

先ずは復習です。

 

アタマより組合せが優先です。

 

また組み合わせは両面待ちが一番良く、両面待ちを効果的に作れるとあがりやすくなります。

 

つまり、アタマは両面待ちを邪魔しないアタマが良いのです。

 

具体的には字牌や1や9のアタマです。

 

そう、前回の捨てる順序の逆順がより良いアタマとなります。

 

 

麻雀を少し知ってる人は、字牌がアタマだとタンヤオにならないじゃん!って言いますよね。

 

そのお通りです。

 

タンヤオにはなりませんが、字牌をアタマにした方が良い理由を2つ挙げます。

 

1つ目は、上記の通りに、アタマを字牌にすると、両面待ちが出来やすくなります。

 

2つ目は、だんだん上手になると、麻雀をあがることよりも実際は守ることの方が重要です。

 

そこで、アタマを字牌にしておくといざ守りに入った時に安全牌として使えるのです。

 

 

アタマの優劣は以下の通りです。

 

1   字牌

 

2   1や9

 

3   2や8

 

4  3~7の牌

 

 (つづく)  次回は【入門10】 ゲームの大まかな流れ

 

麻雀を通じてより豊かな人生に! 

銀座ファミリー麻雀教室 林 正弘

お知らせ

お知らせ ≫ サイトが新しくなりました。直リンクでブログをブックマークしている方はアドレスがことなりますのでご了承おねがいいたします。